「子供部屋の広さと階段の位置」

2019年11月23日

子育てと家の間取りについてです。家づくりのきっかけはいろいろあると思いますが、多くの方は「子供のために」が多いのではないでしょうか。つかまり立ちをする7~8ヶ月ぐらいになると、もうそろそろ家を建てないと・・・という気持ちになります。家はどんな家を建てたいか?ではなく、どんな暮らしをしたいか?で変わります。ですので、これをきっかけに「どんな子育てをしたいか?」をご夫婦で話し合ってみると良いのではないでしょうか。

”帰ってきたらすぐに手を洗ってうがいをして家着に着替えてもらいたいと思っている”

”宿題は目の届くところで夕ご飯前までに終わらせてほしいと思っている”

例えばたったこれだけのご要望だけでも家の間取りは変わってくるのです。また子供の自立を早めたいなら、子供部屋はそれなりの広さが必要ですし、なるべく同じ空間で過ごす関係になりたいならリビングを広くし子供部屋を小さくするとよいでしょう。

現代は、圧倒的に親子が同じ空間で過ごす関係を望むパパママが多いのですが、私が子供の頃は今とはまったく考え方が違っていました。「自立心」なんて言葉が流行していて、おかあさんといっしょのコーナーでパジャマでおじゃまってコーナーご存知ですか?そのコーナーが始まったのが1979年だそうです。ひとりでなんでもできる子供に育てるというのが理想だったみたいです。ですのでその頃に建てられた家(30~40年前)の子供部屋は8~12帖ぐらいあり、またリビング階段は珍しい時代でしたので、どの友達の家に行っても、リビングを通らずに(親の顔を見ずに)自分の部屋に行けた家がほとんどだった記憶があります。今となっては信じられないですね。

それから30~40年の間に子育て論も変わり、「家族が同じ空間で仲良く」というのが当たり前になりました。家の間取りの考え方もリビング階段が増えるなど大きく変わりました。最近、ファミレスに行くと、高校生の男の子がお母さんと一緒に食事をしている光景を時々見かけます。なんか私の頃には考えられなかった光景です。やはり家の間取りが変わったことで日本の親子関係も変わったんあだなぁと思うのです。



クオレの家づくりを感じる。

【完成見学会】吹抜けリビングと中庭ウッドデッキがつながる大空間でも暖かい家ー『クオレ・グラン』 シリーズ

期間:2020年12月5日(土)6日(日)12日(土)13日(日) ※事前予約制

会場:射水市大門

LINE友だちになりませんか?​

クオレのイベント情報や家づくりに役立つ情報をお届けしています。

       

クオレのお客様の声を聴く。

疑問ゼロの家づくりを当たり前に。

クオレのデザインに対する考え方は?

デザインという言葉は本来、単に見た目のことだけではなく、物事を設計するという意味で使われます。クオレでは家づくりにおけるデザインの役割は、お客様の望む暮らしや家族の関係性、心のあり方を実現することだと考えています。クオレ…

続きを読む

家づくりは進むにつれて価格が高くなっていったという話をよく聞くのですが?

はい、住宅業界ではよくあることで、私たちが変えたいことの1つです。クオレの価格システムは公正でわかりやすく、すべてオープン価格です。最初のお見積り時にできる限り多くの項目を入れて計算し、またオプション追加による価格の変化…

続きを読む

完成見学会とはなんですか?どのようなことをするのですか?

モデルハウスではなく実際のお客様の家を、これから家づくりをされる方にご見学いただくイベントのことを完成見学会と呼んでいます。その家のオーナー様に、ご入居される前に少しの期間、弊社がお家をお借りするという形です。 完成見学…

続きを読む