「こだわりのモノ」

2020年2月17日

北欧の国、フィンランドは家をとても大切にするそうです。

 

フィンランド地方の厳寒の冬は、一日の中で、明るい時間より暗い時間が多く、またそれが長く続くということもあって、“自宅の居心地の良さ”をとても大切にしているのです。

 

まず寒さ対策として、窓ガラスは3枚、玄関ドアは二重になっている住宅もあるのだとか。

 

まずは暖かさへのこだわりですよね。

 

またその他にも、十分な収納、使いやすいキッチンなどにもすごくこだわるそうです。

 

このあたりは、少し日本と似てるなと思いました。

 

また、「家は住人そのものを現すモノ」とも言われているそうです。

 

簡単な壁の塗り替えなどの改装は自ら行ったり、

インテリアの形や素材、ドアの取手のデザインなど細部にもこだわります。

またインテリアの中には 親から子へと引き継がれたアンティーク家具や食器などを、さりげなく使うそうです。

 

とにかく家の中での居心地にこだわるのです。

 

 

皆様の家へのこだわりは何でしょうか?

 

家具や照明、壁紙など、何か一つでも自分のこだわった部分を入れるだけで、満足のいく居心地の良い空間が出来上がるでしょう。

 

 

日本の家も素敵ですが、家を大切にする国、フィンランドにも行ってみたいなと思いました。

 

 

設計室 寺井



クオレの家づくりを感じる。

【完成見学会】繋がりをつくる家 ー『クオレ・グラン』 シリーズ

期間:4月28日(木)~5月31日(火) ※完全予約制

会場:富山市つばめ野

LINE友だちになりませんか?​

クオレのイベント情報や家づくりに役立つ情報をお届けしています。

       

クオレのお客様の声を聴く。

疑問ゼロの家づくりを当たり前に。

クオレ・ホームのデザインに対する考え方は?

デザインという言葉は本来、単に見た目のことだけではなく、物事を設計するという意味…

続きを読む

家づくりは進むにつれて価格が高くなっていったという話をよく聞くのですが?

はい、住宅業界ではよくあることで、私たちが変えたいことの1つです。クオレ・ホーム…

続きを読む

完成見学会とはなんですか?どのようなことをするのですか?

モデルハウスではなく実際のお客様の家を、これから家づくりをされる方にご見学いただ…

続きを読む