パントリー(収納庫)について

2020年2月10日

住宅メーカーのモデルハウスの多くには[パントリー(収納庫)]があると思います。

以前はあまりありませんでしたが最近は特に増えてきました。

実際にも「パントリーが欲しい」というご要望がとても増えています。

 

パントリーは、キッチンの近くにあり、常温でまとめ買いをしたものをストックしたり、あまり使わない家電や調味料を置いたりととても便利ですね。

 

ただ使い方を間違えてしまうと、ただの物置になってしまうのでご注意ください。

 

パントリーというものは、実はアメリカで考えられたものです。

アメリカという国は国土も広いですし、多店舗展開しづらいため日本ほどスーパーの数がありません。スーパーに行く頻度が少ないのです。買い物はだいたい月に1度ぐらいで、大きなワゴン車に家族1ヶ月分の食料を積んで帰ってくるそうです。

お肉などもパックではなくかたまりで購入するのです。

まとめ買いの分化ですね。

だから大きな冷蔵庫や、2~3帖ぐらいのパントリー(収納庫)が必要なのです。

 

では、日本はどうかというと、今ではほとんど家の近くやお勤め先の近くにスーパーやドラッグストアがあるのではないでしょうか。(本当に増えましたよね)

もし、パントリーを“ただの食品庫”と考えるのであれば、食品のストックばかりが増えてしまいそうです。

 

そうならないために、まずは棚板を設けたりして、取り出しやすく、足りないものが一目でわかるようにされると良いと思います

 

また、リビング周りに置くとごちゃごちゃしそうな書類やお菓子作りなどの機器やラッピング類なども収納しておくことも想定してみてください。

 

使う頻度が多く=パントリー

使う頻度が少ない=物置です。

ぜひ工夫してみてください。



クオレの家づくりを感じる。

【完成見学会】吹抜けリビングと中庭ウッドデッキがつながる大空間でも暖かい家ー『クオレ・グラン』 シリーズ

期間:2020年12月5日(土)6日(日)12日(土)13日(日) ※事前予約制

会場:射水市大門

LINE友だちになりませんか?​

クオレのイベント情報や家づくりに役立つ情報をお届けしています。

       

クオレのお客様の声を聴く。

疑問ゼロの家づくりを当たり前に。

クオレのデザインに対する考え方は?

デザインという言葉は本来、単に見た目のことだけではなく、物事を設計するという意味で使われます。クオレでは家づくりにおけるデザインの役割は、お客様の望む暮らしや家族の関係性、心のあり方を実現することだと考えています。クオレ…

続きを読む

家づくりは進むにつれて価格が高くなっていったという話をよく聞くのですが?

はい、住宅業界ではよくあることで、私たちが変えたいことの1つです。クオレの価格システムは公正でわかりやすく、すべてオープン価格です。最初のお見積り時にできる限り多くの項目を入れて計算し、またオプション追加による価格の変化…

続きを読む

完成見学会とはなんですか?どのようなことをするのですか?

モデルハウスではなく実際のお客様の家を、これから家づくりをされる方にご見学いただくイベントのことを完成見学会と呼んでいます。その家のオーナー様に、ご入居される前に少しの期間、弊社がお家をお借りするという形です。 完成見学…

続きを読む